商環境ネットワーク株式会社 - 遮熱塗料施工は実績豊富な当社へお任せ下さい。 - 遮熱塗料 - 熊本・福岡・佐賀・大分・長崎・宮崎・鹿児島・九州各県
Home サービス案内 会社案内 What's new お問い合せ
                

遮熱塗装施工について

 一言に遮熱塗料と言っても現在国内で30〜40種の遮熱塗料が出回っており、当たり前のことながらカタログ上のデータはすべて自社製品優位のデータになっています。 ゆえに提案を受ける側にとっては実際に比較・検討することが非常に難しい商材となっているのが現状です。
 これはどんな商品を購入する際にも言えることですが、目的の明確化と共に、商材の強みと弱みを明らかに理解し、お施主様にとってベストな費用効果の商材を選定されることをお勧めいたします。

遮熱塗料性能

遮熱塗料の選定には多角的な視点でベストなものをチョイスすることが必要ですが、弊社は遮熱塗料を10年ほど前から施工しており、またメーカーデータだけに頼ることなく、自社で各メーカーの実験を重ねその特徴を分析してまいりました。 平成19年には2社共同(潟Gムロード 商環境ネットワーク梶jでサーモグラフィカメラ購入。 商品の選定や施工に留まらず、赤外線カメラを駆使し熱源の解析や 省エネの提案などにも力を入れております。 遮熱塗料に関しても施主様の建屋形状、要望などから最高のコストパフォーマンスの商材をご提案、施工させていただいております。 (弊社 遮熱塗料施工実績 5万u超)

遮熱塗料施工までの流れ


遮熱塗装による省エネ効果計算




遮熱塗装前後の室内温度差による効果確認事例

病院事務棟屋根を遮熱塗装した前後の2階廊下、天井裏の温度を測定して効果を確認しました。 天井裏では10℃以上、室内では2℃の温度低下が確認されます。 空調負荷は一般に1℃温度を下げると10%程下がりますので、20%近く空調負荷の低減があると思われます。遮熱塗装前後の空調電力を測定すると詳細に効果の確認ができます。(当社で実施できます)

遮熱塗装前後の屋根面温度サーモグラフィーカメラによる効果確認

遮熱塗装前の屋根表面温度は、夏季日中60℃近くまで上昇していますが、遮熱塗装後には日射を反射する為20℃以上表面温度が下がります。


商品説明 ミラクールへ 遮熱塗装 施工実績へ


Copyright(C) 2011 by s-kankyo.com All Rights Reserved.
ホーム / サービス案内 / 会社案内 / What's new / お問い合せ